エアコン

車のエアコンの臭い取りの方法を紹介!誰でも簡単にできる!

車のエアコンを久しぶりにつけると、臭い風が出きてしまい、臭いが車内に充満してしまうことがあります。

そのようなときには、エアコンが臭ってしまう原因があります。

エアコンから臭いがしてしまったときの、臭い取りの方法や、臭いを付きにくくする方法を紹介してきいます。

スポンサーリンク

車のエアコンの臭いの原因は?

エアコンの臭いの原因とは、エアコン内にカビが発生してしまうことや、エアコンフィルターがホコリで汚れてしまっているからです。

エアコンは冷たい風や暖かい風を送るために、エアコン内の湿度が高くなってしまいます。

そのために、水滴などが溜まって高温多湿の状態になり、カビが大量に発生しやすくなります。

またエアコンフィルターは、外気や内気などから入ってくるホコリや不純物を取り除いてくれるものです。

そのエアコンフィルターが汚れてしまっていることで、臭いが車内にしてしまうのです。

 

車のエアコンの臭い取りの方法

掃除

車のエアコンの臭いを取る方法をいくつかご紹介します。

 

エアコンフィルターの交換

エアコンの臭い取りの方法としては、エアコンフィルターの交換が必要です。

エアコンフィルターには、ホコリや汚れが付着し臭いを発生させてしまうので、

エアコンフィルターを新しいものと交換する必要があります。

 

エアコン用の消臭スプレーを使う

エアコンの臭い取りの方法としては、消臭スプレーをエアコンの中に吹きかける方法があります。

まず、エアコンの設定を外気にしエアコンをつけ、車の外に出てフロントガラスの下の方にある、

空気が入ってくる外気口に消臭スプレーを吹きかけることです。

これによって消臭スプレーがエアコンの内に上手く入ってくれ、エアコン内部の臭いやホコリを取り除いてくれます。

 

湿気を取る

エアコン内の湿気を取るのも、臭いを取る方法です。

エアコン内の湿気の取り方は、まず窓を開け、エアコンつけます。

そしてエアコンのACボタンを消し一番高い温度に設定したら、風量を最大にします。

この状態で5分から10分待ち、エアコン内の湿気を熱によって取り除けるので、臭いを消していくことができます。

スポンサーリンク

エアコンに臭いが付きにくくするには

エアコンに臭いがつくことは仕方ないことかもしれませんが、匂いを付きにくくして予防することができます。

 

エアコンの吹き出し口をこまめに綺麗にする

エアコンに臭いが付きにくくするのには、エアコンの吹き出し口は綺麗にしておくことです。

そうすることで、エアコン内にホコリや汚れなどが入り込まないようにします。

堅く絞ったタオルなどでこまめに拭き掃除をすると良いです。

 

スチーム消臭剤を使う

車用のスチーム消臭剤などを使って車内の除菌や消臭、そしてエアコン内も綺麗にしておく方法です。

まずエアコンをつけ、内気ボタンにしたらスチーム消臭剤をセットします。

そして10分程度窓を閉め切った状態にし、その後3分程度窓を開けたままにしておきます。

これによって、車内全体の除菌や消臭ができますし、エアコン内も内気で循環されているので、

綺麗に除菌や消臭を行うことができ、エアコンに臭いが付きにくくなります。

 

まとめ

車のエアコンに臭いがつく原因としては、エアコン内にカビが発生したり、エアコンフィルターがホコリなどで汚れてしまっていると言えます。

また、臭い取りの方法は、エアコンフィルターを交換したり、消臭スプレーを上手く活用したり、湿気を取ることが大切だと分かりました。

さらに臭いが付きにくくするのには、エアコンの吹き出し口を綺麗にしたり、スチーム消臭剤を活用することが効果的だと言えそうです。

-エアコン
-

© 2021 空気調節.com