エアコン

エアコンの水漏れの原因と対処法を紹介!放置したらどうなる?

エアコン

エアコンを使っているとまれに水漏れを起こすことがあります。

しかし、この原因について知っている人は意外と少なく、更に対処法に至っては分からない方がほとんどです。

そんなエアコンの水漏れの原因や対処法を説明し、放置した場合のリスクについても紹介しまとめました。

スポンサーリンク

エアコンの水漏れの原因は?

エアコンの水漏れの原因は、エアコンにたまった水分を排出するドレンホースのつまりがほとんどです。

このドレンホースが詰まることにとって、水分が排出できずエアコンの水漏れを引き起こします。

これ以外にも、

  • フィンの結露が起こっていればドレンパン(結露水による水漏れを防ぐ部品、皿状の部分)の汚れ
  • 内部の部品の故障
  • エアコンが傾いている
  • 雨水が侵入して生きている

といったものも原因です。

ただ、多くの場合がドレンホースのつまりによるもので、8割程度がこの原因によるものとされています。

スポンサーリンク

水漏れの対処法は?

対処法としては自分でできないものと自分でできるものがあります。

自分でできないものとしては、

  • エアコンの部品自体が破損している
  • 雨水が侵入してきている

など、部品交換や何かしらの工事が必要なものです。

逆に自分でできるものとして、ドレンホースのつまりの除去が挙げられます。

ここでは、自分でできるドレンホースのつまりの対処法について紹介しましょう。

 

ドレンホースのつまりの対処法

  1. 最初にエアコンの電源を完全に決して、コンセントを抜きます。
  2. そしてドレンホースを掃除していきます。
  3. 最初にホースの先を上に向けてタオルでふさぎましょう。
  4. そしてタオルが外れないように輪ゴムで止めます。
  5. その状態から掃除機をタオルに当てて吸い込むのです。
  6. するとタオルにゴミがびっしりとついているので、それを捨てて完了します。
  7. 先ほどのようにドレンホースにタオルを当てて、そこにポンプを当てて吸い出すことでつまりが取れます。

自由なメモ

より効果を高めたい場合は、エアコンの電源を落として2日ほど放置し今お話しした方法を行うのがオススメです。

また、これ以外にも専用のドレン用サクションポンプを使ったものがあります。

これは掃除機の代わりに使う道具です。

ドレン用サクションポンプはコチラ

 

これ以外にも雨の日だけエアコンの水漏れが起こる場合は、

  • ドレンホースが鉢植えなどでつぶされていたり
  • ホースが破損していたり

することがあるので、ドレンホースの周りを片付けたり、破損している場合は破損部分を修復する(可能であれば業者に依頼)

と言った方法をとることで解決する場合も少なくありません。

スポンサーリンク

水漏れを放置したらどうなる?

水漏れを放置したら、エアコンそのものの故障につながります。

基本的にエアコンは水に強い構造をしているものの、水漏れが起こるほどの水分が貯まれば、故障し使えなくなるのです。

そうなると、買い替えや撤去などで大変なコストが発生します。

更に水漏れによって壁紙などの室内の環境も汚損し、修繕の必要が出てくるのです。

そんな最悪のケースを回避するためにも早めに対処することが望ましいといえます。

 

まとめ

エアコンの水漏れは様々な原因があります。

しかし、その大半はドレンホースの詰まりです。

このつまりは、自分でも対応できることが多いため、掃除機や専用のポンプでごみを取り出すことによって解決できることも少なくありません。

ただ、放置をするとエアコンの故障や室内の破損につながりますから、早めに対応しましょう。

-エアコン
-

© 2020 空気調節.com