エアコン

エアコンの送風とは?電気代は?おすすめの使い方を紹介!

だんだん春から夏にかけてエアコンが必要になってくる時期になってくると思います。

そんな中でエアコンの送風について皆さんは考えたことがありますでしょうか?

今回はエアコンの送風について考え、これから使うエアコンについてもっと知識を深めていきましょう。

スポンサーリンク

エアコンの送風とは?

エアコン

さて皆さんのご家庭にもあるエアコンではありますが、エアコンの送風とは果たしてどのようなものなのでしょうか?

エアコンの送風にはエアコンを使用している室内の空気を循環させる役割があり、

使い方によって効率的なエアコンの使い方を行うことが出来ます。

読んで字の如く「風を送る」と言う意味合いがあり、エアコンを保有している人でも送風機能を利用している人が少ないのです。

ココがポイント

冷房や暖房のように熱交換する必要がある場合にはエアコンの室外機は稼働していますが、

送風の場合には冷房や暖房のように熱交換する必要がないので稼働していません。

スポンサーリンク

エアコンの送風の使い方は?

先ほども述べた通りエアコンの送風は熱交換を行う際の室外機が稼働していません。

室外機が稼働することによって多くのコストがかかってしまうので、

エアコンを稼働させる際にはまず送風機能を利用して室内の空気の循環を行うことが効果的であると言えるのです。

もっと詳しく

具体的にどのような例があるのかと言うと、夏場の暑い時期には外気の熱によって室内も温まってしまいます。

いきなりエアコンを使用してしまうようなことがあると室内を急激に冷やすなければならないため多くのエネルギーを使用しなければならなくなってしまうのです。

室内をエアコンで冷ます前に窓を開けたり送付を行ってから冷房をつけると言う使い方を行うことによって、

エアコンのコストを抑えたりエアコンの寿命を引き延ばすことができるのです。

エアコンの送風は積極的に使用していきたいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

エアコンの送風の電気代は?

電気代

エアコンによってかかる電気代はまちまちですが送付機能を利用した場合の電気代は1時間0.3円と言われています。

具体的にどのくらいコストを抑えることができているのかと言うことについてですが、

エアコンを使用して冷房を使用している時の電気代が1時間あたり3.65円~19.44円と言われていますから、明らかにコストのかかり方が違うと言えるでしょう。

ですからこのようにエアコンの送風機能を利用することによって、大幅にコストを節約することができると言えることは過言では無いのです。

 

まとめ

今回はエアコンの送風についての考え方についてお話しをしました。

エアコンの送風の使い方1つでエアコンの電気代を節約することができたり、快適な日常生活を送ることができるのです。

ぜひ皆さんもエアコンの送風をうまく使いこなし、これからの夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか?

-エアコン
-

© 2020 空気調節.com