エアコン

エアコンがない部屋を涼しくする方法は?簡単にできる4選を紹介!

夏

今年もまた暑い季節がやってきます。

毎年猛暑と言われ、記録的な気温がメディアで取り上げられています。

そんな猛暑の中、世の中にはエアコンを使わない選択をする人々は少なからずいらっしゃいます。

今回はエアコンを使わずに室内の温度を下げる方法をいくつかご紹介致します。

スポンサーリンク

エアコンがない部屋を涼しくする方法は?

ではエアコンを設置する前に室内温度を下げ涼をとるにはどうすればいいのでしょうか。

日本には昔から四季があり、夏を乗り切ってきた歴史があります。

猛暑となった現代でも暑さを和らげる先人の知恵は現代でも役立ちます

 

窓を開けて空気の通り道を作る

空気の流れは体感温度を下げてくれます。

しかし、まず暑くなってしまった空気を室外に逃がす必要があり、ただ窓を開けるだけでは効果を得られません。

窓を開ける際に意識する事は空気の通り道を作る事です。

部屋の対角線上に二箇所窓があれば最も理想的ですが、ワンルームアパートなどはそうもいかない場合が多いです。

窓が無くても工夫次第で空気の通り道は作れます。

ココがポイント

例えばお部屋の窓を開け、キッキンの換気扇を回すだけでも空気は流れていきます。

他にも玄関ドアに隙間を開けておく事も効果的です。

その際、くれぐれも防犯上チェーンロック等は使用してください。

スポンサーリンク

扇風機の導入

扇風機はエアコンのおよそ10分の1の電気代で使用できます。

体にも優しい扇風機はエアコンが苦手な方の味方となっています。

ただ体に直接風を当てるだけよりも、使い方に工夫を凝らせば涼しさは何倍にもなります。

  1. まず、既に室内に熱気が立ち込めてしまっている時には、窓を開けて扇風機を窓の外に向けて回します。
  2. そうすると暑い空気が排出されるので室内の温度が比較的早く下がります。
  3. ある程度熱気を排出出来れば、今度は外の空気を室内に流れ込ませる為、扇風機は室内に向けて回します。
  4. ここからは空気の循環を目的とするので首振り機能も効果的です。
  5. お部屋の構造や、普段あなたがいる場所によって扇風機のベストな位置は様々です。

色々お試しになってより良いポジションを見つけてください。

扇風機のランキングはコチラ

 

扇風機の前に冷たい物を置く

扇風機の前に氷を置く事で、氷が溶ける際の気化熱で冷たくなった空気がお部屋に行き渡ります。

氷の形状はどんな形でも大丈夫です。

洗面器に普通の氷を入れても効果はありますが持続時間が短いです。

手軽に長時間使えるのが、2リットルのペットボトルに水を詰めて凍らせた氷です。

ココがおすすめ

ペットボトルのまま洗面器に入れて置くと結露も受け止めてくれるのでおすすめです。

洗面器の下にタオルを敷いて置くとより良いでしょう。

ココに注意

但し、この方法は湿気を発生させる為、カビの発生などにはご注意ください。

また、梅雨時期などジメジメする季節には効果的ではありません。

スポンサーリンク

窓にすだれを設置する

室内の温度を上げてしまう原因の1つに直射日光があります。

特に夕方の西日は日差しもきつく、窓から入りやすくなっています。

すだれは1シーズン付けっ放しでも問題無いので一度つけてしまうと特に手入れはいりませせん。

室内室外どちらでもら使える事が特徴で、カーテンよりも通気性が優れており空気の流れを遮断しません。

紫外線カットの効果も期待されています。

すだれのランキングはコチラ

 

まとめ

以上がエアコンを使わずに室内の温度を下げる方法でした。

自宅で直ぐに実践できる原始的な方法ですが、室温は必ず下がります。

記録的猛暑の中、体調に支障が出るまで我慢するのは厳禁ですが、エアコンを導入する前に是非一度お試しになってください。

-エアコン
-

© 2020 空気調節.com