エアコン

エアコンの水漏れの原因!ドレンパンの掃除方法を紹介!

エアコンの掃除をしていないと、送られてくる風から悪臭がしたり、本体から水漏れをする事態も多々あります。

その原因と一つとなるのが、ドレンパンと言うパーツの掃除不足です。

フィルターの掃除は一般的ですが、悪臭や水漏れを予防するためには、ドレンパンの掃除方法も把握しておくべきでしょう。

スポンサーリンク

エアコンのドレンパンとは?

エアコンは取り込んだ空気を冷却コイルで冷やしてから排気することで部屋の空気を下げますが、

空気を冷却すると空気に含まれる水分が集まり水滴になります。

その水分の受け皿がドレンパンです。

 

悪臭や水漏れの原因になる

冷房をつけるたびに水に濡れてしまう部分なので汚れが溜まりやすく、掃除をしないでいるとカビや悪臭の原因となります。

また溜まった汚れによって排水が上手くできなくなるとドレンパンに水が溜まり続け、最終的に本体からの水漏れを起こしてしまうでしょう。

 

ドレンパンの掃除方法

掃除

ドレンパンを綺麗に掃除するためには、ある程度分解してドレンパンを取り外す必要があります。

分解掃除中は電源を切ったことを確認し、コードを抜いてから作業を始めましょう。

最終的にはドレンパンを取り外して、水拭きやドレンパン用の洗浄剤を利用して汚れを落とすというのが目標になります。

 

分解する

エアコンは外見的な見た目は似通っていても、内部構造はメーカーや型番によって千差万別です。

エアコンのメーカーや種類ごとの分解方法をネットで検索するなどして調べて、分解方法を確認しながら分解作業を行いましょう。

前面と奥面にドレンパンが有るエアコンが多いですが、前面ドレンパンは取り外す必要のあるパーツが少ないので、比較的自力で分解掃除がしやすいです。

スポンサーリンク

掃除手順

ドレンパンの掃除作業自体は、

  • まず雑巾でドレンパンを水拭きしてざっと汚れを取り、
  • ドレンパン用の洗浄剤でカビを除去、
  • その後改めて水拭きをして汚れを拭き取り、
  • 乾燥させて終了です。

一般的なカビ取りスプレーで良いのではと思うかもしれませんが、カビ取りスプレーの成分が故障に繋がることも少なからずあります。

そう言った問題が起きず、カビを落とすだけでなく予防もでき、エアコンのドレン周り特有の問題であるスライムの処理と予防にも効果があるので、

ドレンパンの掃除はドレンパン用の洗浄剤を使うのが一番です。

 

ドレンホースにも注意

他のエアコンの水漏れ原因としては、ドレンパンから水を排出するドレンホースのトラブルがあります。

エアコンの室外機に繋がっているホースがどこから来ているかを辿ると、

そのホースと一緒にどこにも繋がっていない別のホースがありますがそれがドレンホースです。

ドレンホースが原因の場合、

  • 汚れが溜まっている
  • ホースが真っすぐ伸びていない
  • ホースの先が潰れていたり石や土で塞がっている

の3つに大きく分けられるでしょう。

 

ホースが地面につく場合

このドレンホースの先が地面についている場合は、そこが原因で水がつまり、水漏れを引き起こします。

対策としては地面から10センチ程浮くようにカッターで切ると良いでしょう。

 

ホースが詰まっている場合

ドレンホースの先が地面に浮いているのに水漏れが起きている場合は、汚れがホース内部で詰まっている可能性が高いです。

サクションポンプ型のドレンホースクリーナーを購入し、ホースの先をポンプの口に差し込み、手で抑えて密着させつつハンドルを引いて吸引。

一度外してハンドルを押し戻してから、さっきと同じようにして吸引を数回繰り返せば、ホースの詰りが解消されます。

早川工業(Hayakawa Kougyou)
¥860 (2021/10/19 16:08:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

その他の水漏れの原因

ドレンホース以外では、

  • 室内機の傾き不足でドレンパンに水が流れにくくなっている
  • 本体の不具合
  • ドレンパンが欠損している

と言う原因で水漏れが起こることもあります。

こうなると自力ではどうしようもないので、業者を呼んで直してもらう必要があるでしょう。

スポンサーリンク

クリーニング業者に依頼するのがおすすめ

エアコンの清掃は自分でもできますが、一番のおすすめはクリーニング業者に依頼することです。

自分でするよりかはお金がかかりますが、それ以上のメリットがたくさんあります。

 

自分で清掃するより確実にきれいになる

専門の業者に任せればもちろん、自分で清掃するより確実にきれいになります。

カビや汚れ、ほこりを新品同様に取り除くことができます。

 

時間や労力を使わずに済む

エアコン一台を全体的に清掃しようと思うとかなりの時間や労力を消費します。

素人が清掃しようとすると、一時間以上はかかります。

また、エアコンは高い位置にあるため、思った以上に疲れます。

 

エアコンを壊す心配がない

隅々まできれいにするには、分解や水を使った洗浄をすることになります。

そのため、分解時に部品を壊してしまうことや、水をかけてはいけない場所に水をかけてしまい、エアコンを故障させてしまうこともあります。

業者に頼めば、エアコンを壊してしまうといったリスクの心配が一切ありません。

 

意外と安い

業者にエアコンクリーニングを頼めば何万もかかるというイメージがありますが、

最近では技術の発達により、清掃を素早くすることができるため、意外と安くなっています。

お掃除マスターで無料で見積もりできるので一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

30秒無料見積もりはこちら

 

まとめ

エアコンの水漏れは、その殆どがドレンパンとドレンホースが原因です。

専用の清掃器具は必要になるものの、自力で清掃できるようになると、いつ水漏れが起きてもすぐ対処できるようになります。

無理に自力で清掃しようとして故障させてしまっては問題ですが、前面のドレンパンとドレンホースの清掃ができるようになっておくと、

業者を呼ぶ手間とお金は掛かりにくくなるでしょう。

-エアコン
-

© 2021 空気調節.com