エアコン

エアコンのフィルターの洗い方や頻度は?簡単な清掃方法を紹介!

エアコン工事

エアコンと言えば、夏は冷房、冬は暖房として活躍する便利な電化製品です。

ただ、その使用頻度に対して、掃除の頻度はそう高くありません。

こまめに掃除しているという人は、かなり少ないんです。

エアコンのフィルターにはゴミがたくさんたまります。

汚いフィルターのまま使用を続けると、エアコンから送られる空気も汚くなりますし、

設定温度に中々ならず、効率が悪いために余計な電気も使います。

つまり、フィルターが汚れたままだと、健康にもお財布にも悪い影響があるのです。

そこで今回は、エアコンのフィルターの掃除について、頻度や、やり方などを解説していきます。

参考にして、ぜひ掃除に取り組んでみてください。

スポンサーリンク

エアコンのフィルターの清掃頻度

それではまず、エアコンの清フィルターの清掃頻度について解説します。

清掃業者の方によると、

夏の冷房を使う時期は2週間に1回

冬の暖房を使う時期は1ヶ月に1回

が理想だそうです。

このくらいの頻度で行うことで、電気代や健康に悪影響を与えない程度を保つことができます。

さらに詳しく

しかし、掃除をすると言っても、毎回念入りにする必要はありません。

簡単な掃除と、念入り掃除に分けて考えるとよいです。

夏と冬、それぞれで先程書いた位の頻度で簡単な清掃を行い、年に1度は念入りな掃除を行うようにしましょう。

お掃除機能がついているエアコンをお持ちの人は、そこまでの頻度で行う必要はなく、汚れが気になったときに清掃する程度でよいです。

スポンサーリンク

エアコンのフィルターの洗い方

掃除

清掃頻度が分かったところで、洗い方について見ていきましょう。

 

簡単な洗い方

まずは簡単な掃除のやり方について。

短い間隔で行うので、そこまで負担にならない位の掃除になっています。

  • まずは、コンセントを抜いて、電源を落とします。
    掃除中に急に稼働してしまったら、危ないですよね。 そのため、コンセントまでしっかり抜いて万が一が起きないようにしましょう。
  • 電源がつかない状態になったら、初めにエアコンの外側のホコリを軽く取ります。
  • エアコン周りの壁なども一緒に掃除しておくとよいです。
  • そしてフィルターです。正面のパネルを開き、フィルターを引き出します。
  • 外したフィルターにノズルの状態にした掃除機を使ってらホコリを取り除きましょう。
  • さらにフィルターの奥にも掃除機を当てて軽く清掃しておくとさらによいです。
    夏などのカビが気になる時期は、そこでさらに拭き掃除をしておくのもおすすめです。
  • アルコールスプレーを染みらせて、サッと拭きましょう。
  • 清掃が終わったら、フィルターを戻して終了です。

念入りな洗い方

次は、念入りの清掃です。

  • まず、簡単な清掃を行い、その後にさらに次のステップを行います。
  • フィルターをシャワーなどで水洗いして、汚れをさらに落とします。
    中和洗剤などを使って、ブラシで清掃するのもおすすめです。
    エアコンのフィルターは、熱湯などを使うと負荷がかかるので、熱湯は使用せず、またあまりブラシでこすりすぎないように注意が必要です。
  • 水洗いが終わったら、乾かします。水分が残らないようにしましょう。
  • その後、フィルターの奥に吹きつけるスプレーの洗浄剤を使って、馴染ませたら、完了です。

このときに、フィルター以外の本体清掃も同時に行いましょう。

時期は夏前がおすすめです。

冷房で酷使する前に念入りの清掃をすることで、暑いシーズンを気持ちよく過ごせます。

スポンサーリンク

クリーニング業者に依頼するのがおすすめ

エアコンの清掃は自分でもできますが、一番のおすすめはクリーニング業者に依頼することです。

自分でするよりかはお金がかかりますが、それ以上のメリットがたくさんあります。

 

自分で清掃するより確実にきれいになる

専門の業者に任せればもちろん、自分で清掃するより確実にきれいになります。

カビや汚れ、ほこりを新品同様に取り除くことができます。

 

時間や労力を使わずに済む

エアコン一台を全体的に清掃しようと思うとかなりの時間や労力を消費します。

素人が清掃しようとすると、一時間以上はかかります。

また、エアコンは高い位置にあるため、思った以上に疲れます。

 

エアコンを壊す心配がない

隅々まできれいにするには、分解や水を使った洗浄をすることになります。

そのため、分解時に部品を壊してしまうことや、水をかけてはいけない場所に水をかけてしまい、エアコンを故障させてしまうこともあります。

業者に頼めば、エアコンを壊してしまうといったリスクの心配が一切ありません。

 

意外と安い

業者にエアコンクリーニングを頼めば何万もかかるというイメージがありますが、

最近では技術の発達により、清掃を素早くすることができるため、意外と安くなっています。

お掃除マスターで無料で見積もりできるので一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

30秒無料見積もりはこちら

 

まとめ

今回は、エアコンのフィルターの清掃について解説しました。

フィルターを清掃することで、健康も守れますし、電気代の節約にもなります。ぜひきちんと清掃をするようにしましょう。

年に1回の念入り清掃以外は、そこまで負担にならない位のものなので、気が重くなることもないでしょう。

大切なエアコンを、長く使うためにも、今回紹介した方法を試してみてください。

-エアコン
-,

© 2021 空気調節.com