エアコン

エアコンからぴちゃぴちゃと水の音!原因と対処法を紹介!

エアコンを動かしていると時々水の落ちるような音が聞こえてきます。

あまり気にならない方もいますが、なんとなく故障を疑ってしまったり、音が気になるという方も少なくありません。

そこで今回、この水の音とその対処法についてまとめ、解説を行います。

スポンサーリンク

エアコンからぴちゃぴちゃと水の音が聞こえる原因

エアコンから水の音がする原因は、ドレーンホースとドレンパンです。

ドレーンホースとは、エアコン内部の水を外に排出するための排水管でドレンパンは室内機の奥にある水が流れるための場所を指します。

この2か所のいずれかでトラブルが起こるとぴちゃぴちゃと水の音が聞こえるのです。

この2か所からおこる原因は2つあります。

 

ドレンパンに空気が入っている

1つはドレンパンに空気が入ってきて「ぴちゃぴちゃ」と水の音がするものです。

これは気密性の高い家では空気が入ることのできる数少ない場所がエアコンであることが多く、空気と水分が混じったものが室内機に入り込み、

その結果室内機にあるドレンパンに水が溜まることで音が聞こえるという仕組みです。

 

ドレンホースやドレンパンが詰まっている

もう1つは、ドレンホースやドレンパンが何かしらもの(虫やほこり、土など)が詰まっている場合です。

ドレンホースやドレンパンはエアコン内で発生した水を排出するための役割があるのですが、

このいずれかが何かで詰まっていると水が溜まり、そこに水滴が落ちることによって「ぴちゃぴちゃ」と音が鳴るのです。

こちらの原因は時に深刻な状況を引き起こし、室内機から水滴が室内に流れてくることもあります。

この詰まりに関しては専門業者に依頼する必要もあるため注意が必要な原因です。

 

これらは初期の状態では音が問題になる程度で済みますが、徐々に空調効率が低下したり、

室内に水が落ちて来たりする症状が進行し、末期にはエアコンの故障につながることもあります。

スポンサーリンク

対処法

この対処法ですが、2つ紹介した原因ごとに対処法が異なります。

 

ドレンパンに空気が入っている

最初の高気密の家の空気の逆流による水の音が原因の場合は、簡単に解決することができます。

それは換気扇を止めてしばらくエアコンを運転させることで、エアコンからの水の音をなくすことができます。

 

ドレンホースやドレンパンが詰まっている

もう一つの原因であるドレンホースやドレンパンが何かしらもの(虫やほこり、土など)が詰まっているケースでは、

基本エアコンの専門業者に詰まりを取ってもらうことが対処法になりますが、自己責任で対処することもできます。

方法としてはドレンホースの排出口を確認し、詰まりをチェックします。

そして、掃除機やポンプを使用して取り除くことで原因をなくすことができるので、音が消える場合があります。

早川工業(Hayakawa Kougyou)
¥745 (2021/03/05 08:43:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただ、室内機のドレンパンまで入り込んでいる場合は、自分で安易に行うのは避けて業者の専門的な技術を用いて詰まりを取り除くことが対処法になります。

スポンサーリンク

エアコン修理費用を安く済ませる方法

壊れてた場合は、修理をする必要がありますが、修理代を安く済ませる方法を紹介します。

 

エアコンメーカーに連絡する

エアコンの保証期間が残っている場合は、エアコンメーカーに連絡することをおすすめします。

無償や保証料金で修理してもらえることができます。

また、初期不良の可能性もあり、無償で交換してもらえる可能性もあるため、

一度連絡してみることをおすすめします。

 

エアコン工事の専門業者に依頼する

エアコン工事を専門でしている業者もあります。

その場合はエアコン工事のプロが工事を素早く行うため、販売店で行うよりも安く済む確率が高いです。

一度、見積もりをして安い方でしてもらうという手もあります。

おすすめはテイクサービスという業者です。

全国10,000箇所拠点があり、最短30分で駆けつけることが可能で、年間30,000件の実績があり安心です。

他社と比較しても安いため、一度無料見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

30秒無料見積もりはこちら

 

まとめ

エアコンからぴちゃぴちゃと水の音が聞こえる原因はドレンホースからの空気の逆流でドレンパンの水が落ちることやドレンホースやドレンパンのつまりによって起こります。

これらの解決方法として、換気扇を止めて室内の空気の流れを改善することやドレンホースやドレンパンの詰まりを自分や業者の手によって取り除くことです。

-エアコン
-,

© 2021 空気調節.com