加湿空気清浄機

空気清浄機の必要性は?一人暮らしや赤ちゃんには不要?

ハウスダストや花粉症など室内のアレルゲン対策としても効果的な空気清浄機ですが、

空気中に漂うホコリ等は目に見えにくいので、症状の劇的な改善を体感していないと必要性を感じにくい欠点があります。

しかし快適な生活を送るには意外と必要性の高い家電なので、特にどのような場面、どのような家庭で必要性が高まるかは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

空気清浄機の必要性

空気清浄機の必要性は、当然ですが住んでいる地域の空気が綺麗かどうかで大きく変わります。

 

道路沿いや工場地帯

例えば自動車の交通量が非常に多い道路が目の前にあったり、工場からの排煙が見えるほど工場地帯の近くに住んでいるなどの場合、

いくら換気をしても室内の空気は汚れがちです。

そう言う場合には窓を開けて換気を行うより、逆に部屋を締め切って空気清浄機を使う方が部屋の空気は良くなるでしょう。

 

アレルゲン

花粉やハウスダストと言った空気中の物質が原因のアレルギーに悩む方にとっては、集塵力の強い空気清浄機は欠かせません。

根本的な治療は当然出来ませんが、性能の良い空気清浄機を使えば空気中のアレルゲンが減り、症状が少なからず軽減されるでしょう。

スポンサーリンク

一人暮らしの空気清浄機の必要性

一人暮らしをしていると部屋の臭いに気付きにくくなるので、空気清浄機を使ってみたら思ったよりも空気が綺麗になるというケースは多いです。

特に部屋が狭かったり風通しの悪い部屋に住んでいると室内の空気は簡単に淀みがちになります。

体臭が生活臭になり、生活臭が体臭を強くする悪循環が起きる事もあり得るので、空気が籠りがちだと感じるなら空気清浄機の必要性は高いでしょう。

 

防犯

また女性の一人暮らしだと、

  • 防犯のために窓の鍵は締めておきたい
  • 生活音を近所に聞かれることに抵抗がある

などの理由で、

窓を開けて換気をしにくく感じる女性は少なくありません。

そうなると換気扇だけでは換気不足なので、空気清浄機を使うべきです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの空気清浄機の必要性

赤ちゃんは新陳代謝が高いですが、その代謝は主に体を成長させるために使われるので、空気中の汚れが原因で体調を崩す事も少なくありません。

なのでベビーベッドの置いてある部屋は空気にも可能な限り気を配るべきであり、空気清浄機もそのために必要なものの一つです。

特に冬の間は空気が乾燥することで、大人でも風邪やインフルエンザにかかる確率が高くなることは言うまでもないでしょう。

病気への抵抗力が小さい赤ちゃんならなおさらのことなので、冬に赤ちゃんが生まれる予定なら空気清浄機は必ず用意しておきたい所です。

ココがポイント

お手入れが簡単なタイプだと育児に多くの時間が取られても綺麗な空気を長期間維持しやすいですし、

加湿機能付きならエアコンで気温を調整していても、空気を乾燥させてしまう心配がなくなります。

空気清浄機が持つ特性や特徴を見て機種を選べば、赤ちゃんが健やかに過ごせる環境を作る大きな手助けになるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの空気清浄機

シャープ

プラズマクラスターが搭載されたシャープの加湿機能付きの空気清浄機です。

空気清浄機の中で人気が高く、どれを購入しようか迷っている方におすすめしたい商品です。

 

パナソニック

パナソニックのナノイーXを搭載した加湿機能付きの空気清浄機です。

ナノイーXで日本の主要花粉を無力化します。

花粉やアレルギーに敏感な方におすすめです。

 

ダイソン

空気清浄機付きのファンヒーターです。

夏は扇風機、冬はファンヒータとして使うことができます。

多機能な空気清浄機が欲しい方におすすめです。

 

まとめ

空気の汚れは目に見えにくく、臭いにも気付きにくいことは少なくありませんが、意外とすぐに汚れて臭いや病気に繋がりやすいのが部屋の空気です。

部屋の臭いだけでなく病気やアレルギーに悩んでいるなら、空気清浄機を使用して見る価値は十分あります。

-加湿空気清浄機
-,

© 2021 空気調節.com