エアコン

エアコンの撤去費用や処分にかかるお金はどのくらい?安く済ませるには?

エアコン工事

古くなったエアコンを処分するとき、もし自分でできるならば、費用を押さえることができます。

しかし、工具もたくさん必要ですし、技術もないといけません。自身がある方ならばよいですが、

間違ってケガをしてしまっては、逆にお金がかかることになります。

やはり、業者に任せた方が安全です。

そこで今回は、エアコンの撤去費用について紹介します。

エアコンの処分を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

エアコンの撤去費用はいくら?

電気代

それでは本題に入ります。

エアコンを撤去するためには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

まず、相場ですが、大体4000円から、6000円ほどかかるようです。

これらは、一般的な家電量販店の費用の平均です。

もちろん細かいところは変わってきますし、また、作業の内容も変わってきます。

標準的な撤去の作業には、

  • 地面の上、ベランダに設置されている室外機の取り外し
  • 室内機の取り外し
  • 配管類の撤去
  • 冷媒ガスの回収
  • 配管穴のバテ埋め

となっています。

ココに注意

お店によっては、作業の項目が変わってきますので、依頼をするときに、内容をしっかり確認する必要があります。

 

追加料金がかかる場合も

さらに、エアコンの室外機が特殊な設置方法の場合、さらに追加で料金がかかることがあります。

特殊な設置方法というのは、例えば、

  • 屋根に設置している場合
  • 壁にかけてある場合
  • ベランダの天井から架台を吊り下げて、その上に設置している場合
  • 室外機を1階、室内機を上階に設置し、配管で繋いでいる場合

などがあります。

これらの設置方法は、通常の場所、つまり地面の上、ベランダなどに設置できない場合に使われます。

これらの特殊な設置方法の場合は、通常の取り外し料金から、さらに追加でお金を支払うことになります。

これもまたお店によって変わりますが、およそ5000円から、10000円ほど変わるので、

処分を考えている方は、1度、ご家庭のエアコンの室外機がどこに設置してあるのか確認しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

エアコンの処分費用はいくら?

それでは次に、エアコンの処分費用はいくらかかるのかについて紹介します。

こちらも相場から言いますと、およそ1400円から、2000円ほどかかるようです。

エアコンの処分費用には、

  • リサイクル料金
  • 収集運搬費用

の2つがかかります。

リサイクル料金は、エアコンのメーカーや機種によって

収集運搬費用はお住いの地域によって変わるので、今回紹介した料金を目安に考えておいて、

正確な料金も、依頼する業者に、後々確認するようにするとよいでしょう。

 

エアコン取り外し費用を安く済ませる方法

エアコンの取り外しになるべくお金はかけたくないですよね。

少しでも取り外しの費用を安くする方法をご紹介します。

 

エアコン購入とセットにして安くしてもらう

エアコンの取り外しをする場合は、新しくエアコンを購入する場合がほとんどだと思います。

エアコン販売店であれば、基本はエアコン工事も一緒にやっているところが多いです。

エアコンの購入と工事をその販売店ですることを条件にすれば、エアコンの取り外しを込みでやってもらえるかもしれません。

店員さんに交渉してみると良いでしょう。

 

エアコン工事の専門業者に依頼する

エアコン工事を専門でしている業者もあります。

その場合はエアコン工事のプロが工事を素早く行うため、販売店で行うよりも安く済む確率が高いです。

一度、見積もりをして安い方でしてもらうという手もあります。

おすすめはテイクサービスという業者です。

全国10,000箇所拠点があり、最短30分で駆けつけることが可能で、年間30,000件の実績があり安心です。

他社と比較しても安いため、一度無料見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

30秒無料見積もりはこちら

 

まとめ

今回は、エアコンの取り外し費用、処分費用について紹介しました。

前にも書きましたが、これらの費用はあくまで目安です。

場合によっては変わってくるので、注意しましょう。

最も押さえて欲しいポイントは、室外機の配置場所によって費用が変わること、特殊なエアコンの場合も変わることでしょうか。

取り外しを考えていない方もご家庭のエアコンについて、1度確認しておくといいかもしれませんね。

-エアコン
-,

© 2021 空気調節.com