エアコン

エアコンの取り付け費用はいくらかかる?2階に設置する場合は?

エアコン工事

エアコンを使用するには購入するだけではなく、取り付けるための取り付け工事が必要になってきます。

もちろん自分でやろうと思えばできますが、専門知識と専用の道具が必要になってくるため、大抵の人はエアコン取り付け業者に取り付け工事を依頼すると思います。

エアコン取り付け工事は、設置場所や環境などに応じて設置方法が異なり、料金も様々です。

今回はエアコンの取り付け工事についてご紹介します。

スポンサーリンク

エアコンの取り付け費用はいくらかかる?

エアコンの取り付け費用の相場は、業者や状況に応じて異なりますが、標準工事のみであれば1万円〜1万5千円ほどです。

エアコンを設置できる条件であれば、標準工事のみですみますが、設置する条件を満たしておらず、特別な作業が発生する場合は、追加料金が発生します。

追加料金を発生させたくない場合は、次のポイントを確認しておきましょう。

 

エアコンの取り外し

エアコンを設置しようとしている場所に、元々使用していた物が設置されたままの場合は、取り外しのための追加料金が発生します。

取り外しのための追加料金は3千円から5千円ほどかかります。

 

エアコンの処分

さらに、ここからこのエアコンの処分するための料金もかかります。

エアコンを処分する場合にはリサイクル料と言うものがかかります。

また、引き取りのための運搬費用など全て含めると5千円程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。

リサイクルショップやエアコン無料回収しているところに引き取ってもらえば費用はかかりません。

 

コンセントの場所

エアコンを設置する場所の近くにコンセントがない場合は、電源を引くための工事が必要になります。

電源周りの工事は専門性が高く、費用は1万5千円から3万円程度がかかります。

 

配管

エアコンの室外機と室内機をつなぐための配管の穴が必要になります。

配管の穴がない場合は、壁に穴を開ける必要があり、賃貸の場合は、エアコンの設置が難しくなります。

配管用の穴を開ける場合の費用は、1万円から1万5千円程度がかかります。

 

室外機の設置場所

室外機の設置場所が十分に取れない場合には、室外機を特殊な方法で設置するため、追加料金が発生します。

設置方法も様々で、

  • 壁に設置する
  • 天井から吊るす
  • 屋根上に設置する

などがあります。

状況に応じて設置方法や設置工具の種類も変わるため、費用は一概には言えませんが、1万円〜3万円程度と考えておけば問題ないでしょう。

 

2階に設置する場合の費用は?

エアコンを2階に設置する場合の費用は、特に1階で設置する場合の費用と変わりなく、標準工事だけの1万円から1万5千円程度がかかります。

しかし、2階に設置する場合で追加工事が必要になってくる場合は、高所での作業となり、高所で作業するための準備などに時間がかかるため、1階に設置する場合よりも高くかかる場合があります。

まずは、標準工事のみで設置できるかを確認し、追加工事が必要になる場合は、見積もりを取ってもらいましょう。

スポンサーリンク

エアコン工事費用を安く済ませる方法

ただでさえエアコンを購入してお金を払っているのに、さらにエアコン工事費用を払うとなると、工事費用は安く済ませたいものです。

エアコン工事費用を安く済ませる方法をご紹介します。

 

エアコン購入とセットにして安くしてもらう

エアコン販売店であれば、基本はエアコン工事も一緒にやっているところが多いです。

エアコンの購入と工事をその販売店ですることを条件にすれば、セット価格で安くしてもらえることがあります。

店員さんに交渉してみると良いでしょう。

 

エアコン工事の専門業者に依頼する

エアコン工事を専門でしている業者もあります。

その場合はエアコン工事のプロが工事を素早く行うため、販売店で行うよりも安く済む確率が高いです。

一度、見積もりをして安い方でしてもらうという手もあります。

おすすめはテイクサービスという業者です。

全国10,000箇所拠点があり、最短30分で駆けつけることが可能で、年間30,000件の実績があり安心です。

他社と比較しても安いため、一度無料見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

30秒無料見積もりはこちら

 

まとめ

エアコンは他の家電とは違い、購入費用だけでなく、設置の費用も必要になってきます。

そのため、設置完了までの費用を計算しておくことが重要になります。

エアコンは一度買えば10年以上は使う物です。

慎重に選んで快適な暮らしを手に入れましょう。

-エアコン
-,

© 2021 空気調節.com