エアコン

エアコンの除湿の電気代はいくら?実際に計算してみた!

エアコンの冷房と除湿ってどっちが高くつくんだろう?

と疑問に感じたことはありませんか。

なんとなくどういう機能なのかはわかるけど、効果が似ているしせっかくなら安い方を使いたい、そこで除湿の機能と電気代について解説していきます。

うまく使い分けて、効率的に節約しましょう。

スポンサーリンク

エアコンの除湿の電気代

節約

梅雨から夏場にかけて多く使うエアコンの機能として、冷房と除湿があります。

なんとなく機能が似ていると認識しているけど、電気代はどちらが安いのか?

疑問に思ったことはありませんか。

結論から言うと除湿の方が安い場合もあるし、高い場合もあります。

 

冷房と除湿の違い

冷房は部屋の温度を下げる、除湿は湿度を下げる機能です。

そして除湿には弱冷房除湿と再熱除湿の2種類があります。

弱冷房除湿は部屋を冷やしながら除湿する仕様となっています。

再熱除湿は冷やした空気をエアコン内でもう一度温めてから室内に出します。

弱冷房除湿は温度も下がりますが、再熱除湿の場合は温度を冷やしすぎることがありません。

スポンサーリンク

電気代はどれが安い?

冷房、弱冷房除湿、再熱除湿で一番電力を消費するのは再熱除湿です。

再熱除湿は一度空気を暖める分電力を使います。

単純に安い方から機能を並べると、

弱冷房除湿<冷房<再熱除湿

となります。

 

電気代を実際に計算してみた

室温24度、湿度80%で冷房、弱冷房除湿、再熱除湿をそれぞれ1時間ずつ運転した場合、

  • 冷房は0.48(kw)×1(時間)×25円=12円
  • 弱冷房除湿は0.18(kw)×1(時間)×25円=4.5円
  • 再熱除湿は0.652(kw)×1(時間)×25円=16.3円

となります。

機種や電気料金のプランによっても異なりますが、大まかな目安はこのぐらいです。

また再熱除湿は機能が搭載されているエアコンとそうでないエアコンがあるので一度確認してみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

エアコンの電気代を抑える方法

エアコンの電気代をおさえる方法として様々なものがあります。

 

エアコンを正しく使う

まず正しく使うことが重要です。

前述のとおり一番電気代が安いのは弱冷房除湿ですが、真夏の暑い時期に利用しても冷房より室温が下がりにくいのでかえって電気代が高くなってしまうということもあります。

ほかにも再熱除湿は電気代が高いけど温度も下がらないので、梅雨の肌寒い時期に室温を下げず、かつ湿度を下げられるので冷え性の人や就寝時などにおすすめです。

単純に費用だけを見ずにうまく使い分けましょう。

 

電力会社を見直す

それからエアコンに限らず、電気代をおさえたいなら電力会社の見直しもおすすめです。

生活スタイルに合った電機会社や料金プランを選択することで、使い方は変えないで電気料金を抑えることも可能です。

節約しているのに電気代が抑えられないなら一度電力会社についても調べてみましょう。

 

エアコンをつけっぱなしにしない

エアコンはつけたり消したりしたほうが電気代が高くなるといわれていますが、長時間留守にするならエアコンを消したほうが電気代は抑えられます。

1時間以上留守にする場合はエアコンは消したほうが節電できます。

スポンサーリンク

サーキュレーターを活用する

空気は特性上暖かい空気は上に、冷たい空気は下にいきます。

サーキュレーターを使って部屋全体の空気を循環させることで、空気の寒暖差がなくなり、無駄な電力を抑えられます。

特に自動運転時などは効果が発揮できます。

 

フィルター清掃

フィルターをこまめに掃除するといった方法を実践してみましょう。

ほこりやごみなどが詰まっていると、エアコンのパフォーマンスが低下し、より電気を消費するようになります。

 

最新モデルのエアコンに買い替える

使っているエアコンが古いのなら新しい省エネ能力が高いものへの買い替えもおすすめです。

痛い出費かもしれませんが、長い目で見ると節約できます。

 

おすすめのエアコン

日立 白くまくん

シンプルな作りでコストパフォーマンス良いです。

安くてシンプルなものが欲しい人におすすめです。

 

パナソニック エオリア

消費電力が少ないのが特徴です。

節電したい方におすすめです。

 

ダイキン

コンパクトな設計になっているのが特徴で、

狭いスペースに置きたい方におすすめです。

 

まとめ

冷房と除湿はどちらが電気代が安いのか、結論から言うと場合によって異なります。

除湿には弱冷房除湿と再熱除湿があり、安い順から並べると弱冷房除湿<冷房<再熱除湿となります。

ただし安いからという理由だけで弱冷房除湿を使い続けているとかえって高くなることもあるので、それぞれの機能をうまく使い分けましょう。

電力会社や料金プランの見直しもおすすめです。

-エアコン
-,

© 2020 空気調節.com