エアコン

エアコンの室外機の設置条件は?狭い場合の置き方を紹介!

エアコンの設置を検討されている方に、エアコンの室外機を設置する際の注意点やポイントなどをご紹介いたします。

マンションなどでは、ある程度スペースをとって設計されているケースがありますが、中には物凄く狭くて設置するスペースがないケースもあります。

押さえておくべきポイントをご紹介しますので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

エアコン設置の条件

今回は、室外機中心の説明となりますが、室内機の条件も含め簡単に設置の際のポイントをまとめます。

 

コンセント

基本的なところですが、室内機側にてエアコン設置の際のコンセントが近くにあるかどうかが取り付け位置の基準になります。

家やマンションをデザインする上で、エアコンを取り付ける位置は予め想定した設計になっているケースが多いです。

昔の家の場合は、エアコンが少なく設置を見越した設計になっていないケースがありますが、ほとんどの場合は予め用意されています。

つまり、室外機の位置もコンセントの裏手に設置されることとなります。

 

配管用の穴

室外機とつながる、配管用の穴も必要になってきます。

コンセントと同様に、エアコンを取り付けるために配管用の穴も家の設計に含まれている場合が多いですが、

中には、コンセントはあるが配管用の穴があいてないケースもあるようです。

この場合、穴をあけることになる可能性もあるので注意しておいてください。

 

室外機

つづいては、室外機の設置スペースです。

室外機の設置スペースですが、

室外機のサイズを基準にして壁から5cm、左右5cm、前方に25cmスペースを空けることが基準

となっているようです。

室外機の大きさにもよるのですが、設置予定の場所がそれだけスペースがあるのかどうかを事前に確認する必要があります。

また、

  • 室外機の設置場所が平らかどうか
  • 設置する場所が安全な場所なのか
  • 作業者が十分作業できる環境にあるのか

など、調べておく必要があります。

仮に少し不安がある場合は写真を撮っておいて、施工業者の方に事前に相談しておくのがベターです。

スポンサーリンク

室外機の場所が狭い場合はどうする?

室外機を置く場所が狭い、或いは場所がない場合どういった対処法があるのかですが、先ほど説明したとおり、ある程度設置場所にはスペースが必要です。

仮に、狭い場所に設置してしまった場合エアコンの冷却があまり効かなくなったり、室外機が故障してしまう可能性もあります。

そういった場合の対処法としては、特殊な取り付けで設置できる場合もあります。

 

吊り下げる

天井部分や壁などに金具を取り付けて、室外機を吊り下げて固定してしまう方法です。

ベランダがない部屋にも設置が可能になります。

ただし、壁に穴をあける必要があるため注意が必要です。

 

屋根に置く

固定用の金具を取り付けて屋根に設置する方法です。

落下の危険性や、場合によっては室外機の振動が響くことがあります。

 

1階に設置する

2階に設置したエアコンの室外機を1階に設置する方法です。

1階にまで届く配管が必要になります。

 

費用

これらの設置費用について、取り付ける位置にもよるのですが、場合によっては足場を組んで屋根などに器具を使って設置して10万円ほど費用がかかってしまうケースもあります。

イレギュラーな対応の場合は数万円かかるのが目安となっているそうで、業者によっても価格が変わるので何社かに合い見積もりを取って検討されることオススメします。

スポンサーリンク

エアコン工事費用を安く済ませる方法

ただでさえエアコンを購入してお金を払っているのに、さらにエアコン工事費用を払うとなると、工事費用は安く済ませたいものです。

エアコン工事費用を安く済ませる方法をご紹介します。

 

エアコン購入とセットにして安くしてもらう

エアコン販売店であれば、基本はエアコン工事も一緒にやっているところが多いです。

エアコンの購入と工事をその販売店ですることを条件にすれば、セット価格で安くしてもらえることがあります。

店員さんに交渉してみると良いでしょう。

 

エアコン工事の専門業者に依頼する

エアコン工事を専門でしている業者もあります。

その場合はエアコン工事のプロが工事を素早く行うため、販売店で行うよりも安く済む確率が高いです。

一度、見積もりをして安い方でしてもらうという手もあります。

おすすめはテイクサービスという業者です。

全国10,000箇所拠点があり、最短30分で駆けつけることが可能で、年間30,000件の実績があり安心です。

他社と比較しても安いため、一度無料見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

30秒無料見積もりはこちら

 

まとめ

室外機を設置する際の条件の紹介やその対処法についてご説明しました。

基本的に、イレギュラーな場所に設置する場合は別途工事が必要になるので、エアコンを購入される際には費用を想定しておくようにして下さい。

特に一軒家の場合はエアコン設置を想定しないケースもあるので、注意が必要です。

-エアコン
-,

© 2021 空気調節.com